忍者ブログ

ヘタレゲーマーの戯言

整理用のメモ帳代わり。いわゆるチラ裏

セポネ軸レベコン不死

ペルセポネーかわいい(挨拶

ひたすらに面倒なデッキ組んだら全国、イベント通算で10連勝の負け無し状態ですがSS2です。
多分J帯じゃ通用しないと思います!



タイトル通りなデッキの話。
まずはいつも通りレシピから。



微調整中。主にDOPとかを。
フレス、虹キャン、シノ辺りは結構考える。
逆に意外と手放せないのが英雄剣、ライブ、クリスティ。
その辺は後述。

まーデッキコンセプト自体はまんまレベコンなんだけど、
セポネ、クリスティが悪さして盤面が強固かつ面倒。
インセプて強引に突破しとうとすればLv2破壊、
除去したら特殊召喚、戦闘で英雄剣+9000のロキ。

序盤は相変わらず辛いけど、そのためのライブ。
大体序盤は並べるより軽減駆使した高CPユニットを壁にするデッキなので、大体勝手に発動条件満たす。
あと、ロキのサーチ対象。とても重要。

従来のレベコン同様、ハデスや大魔リーナでの除去も当然ながら、
クリスティの影響力も大きい。
特に最近はトリガー破壊も増えてきてるから地味にメタれる。
まーハンド管理大変になるから要プレイングだけど。
インターセプトカウンターという存在は予想以上に強い。

で、結局弱点となるのが戦闘になるので英雄剣。
1枚で毎回のように仕事してたので2枚に増やして様子見。
1試合1回はほぼ確実に打ってる。
レベコンだからチャンプアタックだと油断した敵を落とせるのは大きい。
特にタナトスやLv2ロキ、用済みユニット掃除も兼ねたシノでリターンが大きい。
あと、Lv2除去嫌ってチャンプブロックされてLv上がったユニットとかも何だかんだしっかり活用出来るから便利。
汎用性トップクラスの無色インターセプトは伊達じゃなかった。


こんな感じでひたすら面倒な上に攻め手も用意してるデッキ。
特にハエやチェイン、毘沙門対策出来てるのが大きい。
赤黄ミッドのテンプレ型と当たった時に相手がハエと赤インターセプトをずっと使い辛そうに抱えてたり、
毘沙門がセポネ居るせいで軽減行きになってたり、
無理矢理スピムで打点取ったけどクルセイドで屈してたり。
完全にコントロールされてどうしようもなくなってたの笑うしかなかった。

ただ、このデッキはアリアンに死ぬほど弱いです。
消滅だけはホントごめんなさい。
ワンショット系はまぁ、相手の構成次第でまだワンチャン。
あと悪魔と海洋がキツいかな。
圧倒的デッキパワーの悪魔、ハンド豊富すぎて物量で押される海洋。
想定だと3:7で不利。突破口が見出せない。
相手のドローが弱い事を祈ればまぁ勝てるかも?程度。
その辺が課題かな。どうしようもない気はするけど。


大体こんなデッキ。
もう暫くは使い続けて改良してくと思います。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Twitter

Copyright ©  -- ヘタレゲーマーの戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ