忍者ブログ

ヘタレゲーマーの戯言

整理用のメモ帳代わり。いわゆるチラ裏

KingExit

2週目までしっかりやり込んでからにしようかと思ったけど、
その前にモチベ諸々が切れてしまった。

一応R-18ゲームなのでググる際は要注意。




システム自体は割とオーソドックスなRPG。
MPと戦闘中に管理するTPで技とかを使うタイプ。

装備はそこそこ数はあるものの、幅は少なめ。
自然に上位互換へ乗り換えていく程度。

キャラは多いものの、編成で組み分けるのはごく僅かな期間。
とはいえこれもキャラの性能差が激しいのでほぼ編成は固定される。

難易度はそこそこ高め…だがシステムを理解すると一気に落ちる。
理解してれば稼ぎは一切不要、してないとそこそこ稼がないと辛い程度には差が出る。
具体的にはTP回しと主人公特性の理解が重要。後述。


とまぁ戦闘面や難易度面はシンプルだけどしっかりした作り。
下手な市販よりかは丁寧で良いバランスしてる。


どっちかと言うとメインはストーリー面。別にエロ云々ではない。

大雑把に言えば、主人公ルイースが過去に経験した大戦の追体験する過去編と、とある者の策に陥り囚われた監獄から脱出する現代編の2つの行き来する。
前者は世界観の解説だけでなくストーリーに重要な伏線があったり、
後者は後者でメインストーリーなだけあって狭い世界の中とは思えない程重厚なストーリーを楽しませてくれる。
個人的に最後の見送られるシーンは胸熱すぎて涙腺にきた。

キャラも全体的に魅力的で、どれもこれもしっかり活きている。
特にルイースとティアラの絡みはクリアして尚楽しめる良さがある。
お前ら末永く幸せにn…なれ…なれよ……


以下自分のプレイの感じを大雑把に。
事前にRTA動画である程度システムを把握してます。


正直最初は凄い普通にやってた。雑魚戦もほぼ処理。
序章過去のボス戦でLv上がり過ぎた感あったので以後逃げに。
1章から雑魚はほぼ全逃げ。それでもボス戦はほぼ問題なく進行。
その後暫くツイッターでティアラかわいいbot化。
なおクリアまで続いた模様。

3章辺りで事故死が増え始める。純粋にLv不足。
この辺からアイテムを惜しまずTPもぶん回すように。
あとルイースの特性である味方死亡数に応じて与ダメUPを多用するように。
名称がないから根性補正って称してるけど、これがめっちゃ強い。
味方1人死んでるだけで与ダメ+100%。ぶっ壊れ。
死亡数増えれば増える程倍率も上がって、5章辺りで3万超えも出た。
これを使い始めてから一気に難易度が落ちる。

終盤に入って過去編が完全に終わった辺りからずっとストーリーにのめり込んでた。
紋章覚醒シーンとかBGMがピッタリすぎてめっちゃ好き。
でもあの技を手放すのだけは勘弁してくれよな!石砲主力だぞ!
その後隠しボスも突然ぶち当たったけどアイテム駆使して初見突破。
正直ルイースとティアラが強過ぎてそれ以外は大体寝てる。

結局最終面子は紋章持ち2人とティアラ、先輩の4人。
3人でデバフ+火力+回復を持ち合いつつ、先輩は奥義撃つ時以外は大体ルイースの火力の為に寝てる。
ラスボスもほぼ問題なく瞬殺できたので多分最適解メンバー。

ネタバレは避けるし前述もしてるけど、最後の見送られるシーンでもう胸熱。
そしてEDの年表を眺めて感嘆を漏らし、エピローグで一気に涙腺を崩されてただただ満足した。
良い作品だった。ありがとう。


いやホントにエロとかどうでもいい名作。
そもそもエロシーン全部スキップできるしね。純粋にRPGとして楽しめるからホント良い作品。
2000円もしないし皆買って楽しもうな!
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Twitter

Copyright ©  -- ヘタレゲーマーの戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ