忍者ブログ

ヘタレゲーマーの戯言

整理用のメモ帳代わり。いわゆるチラ裏

ゼロから始めるサヴァスロ デッキ編

最近時間取れなくて頻度落ちてるけどマスター4まで上がりました。
査定緩和で緩すぎる…



ようやくデッキに関する話。

ただトーナメントルールとレートじゃ別物なので後者のみで。
あとタワーデッキみたいな特殊なやつは専門家に聞いて下さい。
自分も聞きたいぐらいよく分からないです。


とりあえずぶっちゃけちゃうと
Lv高いカード突っ込みましょう!以上!!
って、なっちゃうので流石にもう少し噛み砕きます。


・デッキの基本構成
個人差はありそうだけど、基本的に

使い魔:5~7
スペル:1~3
タワー:0~2

こんな感じにするのが安定する…はず。
タワーは用途次第で全体の構成も結構変わるから正直当てにならない。

後は平均マナを4程度に抑えると運用しやすい。
平均5以上は一手のミスで致命的な被害出やすく難しい。
高回転型はLv差も結構誤魔化せるからレートで使いやすいはず。


・使い魔の編成
バトル解説で触れた通り、迎撃が重要なゲームなのでまずはそこを考える。
攻めの主力使い魔がカウンター運用できるタイプの場合はそこで受けれる幅も意識して選ぶ。
バハムートや2Bは複数召喚型を一掃できるから単体処理を重視したり、
ラグナやケンタウロスは複数に弱いから範囲攻撃を入れたり、
迎撃用の使い魔をある程度絞って選択できると対応しやすい。


アカズキンやオーディンのような単騎凸を決めるタイプを使う時は、
壁、単体処理、複数処理、対空をそれぞれ用意したい。
とはいえ自分が以前挙げた
槍ブラウニー、ワーライオン、ロビンフッド、トリシューラ
この4枚はかなり融通が利くのでこれをそのまま採用しても十分役立つ。
もう1枚加えるなら壁+複数処理を担えるママリリ辺りがオススメ。


既に出てるけど、攻めに使うのは高コストや高い火力がある使い魔で、
結局カウンターとかで他と組み合わせて攻めるので1~2枚採用が精々。
2枚でも結構ハンド回しが難しくなるから慣れるまで1枚で十分。


・スペル、タワーの選び方
スペルは個人差があるだろうけど、メタや不利対策を考えて積む。
環境にソロモンが多いなら毒+轟雷でひたすら処理すればいいし、
疾風含む凸系が多いなら暴風で引き剥がして迎撃する意識すればいい。

後は範囲攻撃、範囲火力が足りないなら轟雷は手放せないし、
召喚タワー系が苦手なら毒を積んでしっかり対策する。

結局のところ、スペルはデッキ構成的に痒い所に手を届かせつつ何らかの対策を施せる部分だと思えばいい。
まぁ疾風や扉、召喚系みたいな例外はあるけど…あの辺はコンセプトデッキになるから割愛。


タワーは色々あるけど、召喚系は前述通り割愛。
攻撃系タワーは高い迎撃力を誇るので、どうしても迎撃面が不安っていうデッキ向けでの採用は十分有り。
魔女と磁撃は使いやすく、アカズキンのメタにもなるので優秀。
アドバンスガチャ解禁直後はとりあえず入れておくと結構刺さる。

攻勢の塔?知らないカードですね……


大雑把にこんな感じ。
何だかんだ使い魔6スペル2が個人的大安定です。
というか使い魔6が一番回しやすい。
これだと事故も少ないし、迎撃要員も代用で凌ぎつつ本命まで繋げれる。
7だとスペルでの対応幅が減って相性差が出やすいし、
5だとそもそも事故る可能性が高まる。
あくまで個人的な部分なので、真に受けないように。


……次?あとなんかある?どうしよう??
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Twitter

Copyright ©  -- ヘタレゲーマーの戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ