忍者ブログ

ヘタレゲーマーの戯言

整理用のメモ帳代わり。いわゆるチラ裏

嘘つき姫と盲目王子

だからクリアしたゲームはさっさとネタにして消化しろっつってるだろダラズ!!

と、言う訳でトロコンから1ヵ月余り放置してのネタです。
未だにルフ魔女を引きずってるとかそんな事はないです、ないです!



えーっと、そもそも中身がとても薄いので全体的に簡潔で。
トロコンまで6時間で終わるって流石にボリューム薄過ぎですよ!


所謂謎解きアクション系としては比較的簡単な部類。
ギミックに関しても事前にお手本を示してる場面が多いので苦戦する部分は少ないはず。
ロゼの机ライドみたいな変にシビアな事も求められないし。
トロフィー狙いのTAは数回練習すれば取れる程度のものだし、
敵全生存も狼時に敵が避けていく習性に気付けば簡単。

もしかしてこれ子供向けの難易度設定なのでは……?


ストーリーはもう何も言う事はない。
ただただ尊い、それだけ。好きな人は素直に楽しめ。


BGMは割と秀逸。ここら辺は流石の日本一と言ったところ。
数こそ少ないものの、どれも良い雰囲気を演出している。

また、EDの月夜の音楽界は志方あきこ氏が手掛けてるだけあって作中でもずば抜けて名曲。
二度楽しめる歌詞に、作中の細かい雰囲気を表現してるメロディと、プレイの有無を問わず聴きごたえがある名曲。


こんな感じでボリューム面以外は普通に名作。
問題はこれが7000円そこらするって話なんですよね……
極論、絵が綺麗で良い音楽も付けた絵本を7000円で買いますか?っていう作品。

自分は躊躇わずに出せるけど、まぁそれは自分が特殊なので割愛。
もし、ゲームという媒体以外で出してるのであれば…と思ってしまうような作品なのは正直否めない。

ゲームとして楽しむのであれば、ホタルノニッキやロゼと黄昏の古城の方が普通に面白いというのが現実。
その辺を踏まえてしまうとどうしても評価を落とさざるを得ない。
中古で4000円ぐらいならまだ妥当に楽しめる価格…なのかもしれない。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Twitter

Copyright ©  -- ヘタレゲーマーの戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ