忍者ブログ

ヘタレゲーマーの戯言

整理用のメモ帳代わり。いわゆるチラ裏

新規向けの育成指針とか

割とこの手のゲーム慣れてない人には不親切だなーと思ったので適当に。
色々情報探ってみて思ったけど割とこういう解説ないよね。

上記の通り、この記事のネタはあくまで実際に使ってるモノだけでのネタなので、他にもっと強いのが云々は何も言えないのでごめんなさい。
流石に手探りで完璧な情報出せる程優秀じゃない。



まずは銃種毎の簡単な解説。


・ハンドガン(HG)
回避寄りのバッファー。編成に1体居ると便利。
陣形効果が編成拡大で強化される関係上、Lv30まではサクサク上げれるようになってからの育成が無難。
その性質上、序盤は使わない方がいい。


・サブマシンガン(SMG)
ARシナジーの回避壁。HPも十分高い。
スキルの幅が広く、前衛という立場上編成に1~2体は必須なので幅広く育てても問題は少ない。
とりあえず育成に困ったら育てておけ枠その1。


・アサルトライフル(AR)
SMGシナジーの万能型アタッカー。主人公系。
後述のアタッカーと比較しても安定して高いDPSを誇り、使いやすさは随一。
唯一の欠点は夜戦適正が低い事だが、序盤は気にしなくていい。
SMGに次ぐ育成に困ったら育てておけ枠その2。


・ライフル(RF)
HGシナジーの後衛狙いアタッカー。単発火力重視。
ただシステム上、単発火力より手数の方が基本的に強かったり、
スキルまで含めるとオーバーキル気味だったりとちょっと不遇。
夜戦で装甲兵を狩る役割があるので手が空いてれば育ててもいい。


・マシンガン(MG)
SGシナジーの瞬間火力アタッカー。まだ相方が未実装。
リロードによる間が出来てしまうが、それを踏まえても尚高いDPSを誇る上に装甲兵を狩る事もできる。
ただし製造から運用まで全てにおいて資材を喰い過ぎる。
SG実装で化ける率が高いのである程度育成が終わってから育てるのが吉。


・ショットガン(SG)
未実装。耐久壁らしい。
SMGでは対応できない相手やMGシナジー等を含めると運用する準備はしておいて損はない。


主観だけどこんな感じで把握しておけば概ね大丈夫なはず。
それらを踏まえた上で序盤の編成をかるーく解説。


・SMG2+AR2+α
恐らくこのゲームの鉄板編成。通常マップなら間違いはない形。
αの部分はARかHGが無難。RFやMG入れても問題はないからお好きに。
基本はHGを入れてF字陣形を作るのが強い。
序盤はAR3にして火力重視、Lv30までサクサク伸ばせるようになったらHGに変えて総合力を伸ばす形へ移行が安定。

正直攻略するだけならこの編成を3つぐらい作っておけば大体どうにかなる。
それぐらいシンプルに強い編成。


・AR小隊+SMG
ストーリー進行で入手できるAR小隊の4体にSMGを入れた編成。
シンプルなファン編成かと思いきや、地味にハイバランス。
AR小隊自体が結構バランス取れてて、そこに後方3体火力UPの陣形持ちSMG入れるだけで手軽に優秀な編成となる。
ただ火力寄りの編成で耐久面は若干難があるので対ボスは不向き。
それにさえ注意すれば扱いやすくて強い編成。


・RF2+SMG1+HG1+α
どうしても早い段階で夜戦をやりたい人向け。
αはSMG入れて前衛増やすのが無難。
HGは照明弾持ち推奨。
正直、序盤から作るメリットも夜戦クリアするメリットも薄い。


基本は最後のを除いた2つを目途に育成を進めるのが無難。
SMGとARをセットで育てつつ、余裕があればHGや他のSMGを育てる感じ。
それだけで第四戦役ぐらいまでは難なく進めるんじゃないかと。

まぁ、キャラゲーだから好きなキャラ手に入ったら存分に愛でて使えばいいと思うよ!
かく言う自分も秘密兵器なティスちゃんが手放せなくなっちゃったのでね……


そんなこんなで新しいイベントも始まった事だし、皆様良いドルフロライフを。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

Twitter

Copyright ©  -- ヘタレゲーマーの戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ